予防と対策

特に気を付けたいこの冬に!
免疫力アップ・レシピ

特に気を付けたいこの冬に!免疫力アップ・レシピ

冬の感染症対策は、大腸から

冬はさまざまな感染症が流行しやすい時期ですが、この冬は特に気を付けたいところです。私たちの体にはウイルスなどを防御する力が備わっています。それが「免疫力」です。体内に侵入した細菌やウイルスを食べたり、攻撃して無力化させたりする役割がありますが、実は食生活を工夫することによって向上させることができるのです。

免疫機能に大きく関係しているのが腸です。外からの病原菌が入り込みやすい腸には、免疫細胞の7 割が存在しています。さらに腸に棲む腸内細菌も免疫機能に大きく関係していることが最近の研究でわかってきました。そしてその約1000種類、40兆個も存在する腸内細菌のほとんどが「大腸」に棲んでいます。したがって、大腸の腸内環境が整っていると免疫機能も働きやすい状態になるのです。

免疫力アップには
ビフィズス菌が大腸で出す
「短鎖脂肪酸」がカギ

大腸に多い腸内細菌の中でも体に有益な働きをしてくれる「有用菌」の代表がビフィズス菌です。中でも重要なのが、ビフィズス菌が出す「短鎖脂肪酸」。この短鎖脂肪酸が免疫細胞を活性化させ、さまざまなウイルスの体内侵入を防ぐ抗体をつくり出します。感染症に備えて免疫力をアップするためには、ビフィズス菌を増やすことが重要なのです。

善玉菌が出す「短鎖脂肪酸」がカギ

ビフィズス菌を増やして大腸から
免疫力をアップするレシピ

ここでビフィズス菌を手軽に摂れる、ビフィズス菌入りのヨーグルトとビフィズス菌を増やす食材を組み合わせたレシピをご紹介します。この冬はぜひビフィズス菌を増やすことを意識したレシピで免疫力アップをはかり、感染症予防に努めましょう。

根菜の
スパイシーヨーグルトソース
“根菜のスパイシーヨーグルトソース

レシピのポイント

ビフィズス菌(ビフィズス菌入りヨーグルト)+ビフィズス菌を増やす食材(根菜・生姜)が同時に摂れるホットサラダです。カレー粉をヨーグルトに加えることで、香りと色を楽しめるソースに。生姜は、加熱することで身体を温める力がアップするのでみりんと一緒に加熱します。根菜は、食物繊維が多く、さらに体を温める食材です。

材 料(2人分)

  • かぶ1個(120g)
  • にんじん60g
  • ごぼう60g
  • れんこん90g
  • ブロッコリー50g
  • 〈 スパイシーヨーグルトソース 〉
  • ・ビフィズス菌入りヨーグルト100g
  •     A
  •   ・生姜(みじん切り)10g
  •   ・ニンニク(みじん切り)2g
  •   ・みりん大さじ1
  •     B
  •   ・顆粒コンソメ小さじ1
  •   ・マヨネーズ20g
  •   ・カレー粉小さじ1

作り方

  • かぶは葉の付け根を少し残し皮をむき、6等分のくし形に切る。にんじんは厚さ5mmの斜め切り、ごぼうは小さめの乱切りにする。れんこんは皮をむき6枚の輪切りにする。
  • 耐熱皿にを盛り、ラップをかけ600wのレンジで6分加熱する。
  • ブロッコリーは小房に分け、ラップで軽く包み、600wのレンジで1分加熱する。
  • 耐熱ボウルにAを入れ600wのレンジで40秒加熱したら、Bおよびビフィズス菌入りヨーグルトとよく混ぜる。
  • を皿に盛り合わせ、のソースを添える。
サーモンの
味噌ヨーグルトソース
サーモンの味噌ヨーグルトソース

レシピのポイント

ビフィズス菌(ビフィズス菌入りヨーグルト)+ビフィズス菌を増やす食材(なめこ)を合わせたソースに、魚の中でもビタミンD含有量がトップクラスのサーモンを合わせました。ソースには、同じ発酵食品の味噌も加えて塩分・旨味を活かします。加熱したなめこを加えると、とろみのあるソースになります。

材 料(2人分)

  •  サーモンの切り身2切れ
  •  塩、こしょう各少々
  •  小麦粉適量
  •  オリーブ油大さじ1
  •  〈 付け合わせ 〉
  •  ・ベビーリーフ適量
  •  ・ミニトマト4個
  •  〈 味噌ヨーグルトソース 〉
  • ・ビフィズス菌入りヨーグルト100g
  •     A
  •   ・薄口しょうゆ小さじ2/5
  •   ・水小さじ1
  •     B
  •   ・味噌(信州味噌)小さじ1
  •   ・塩、こしょう各少々
  • ・なめこ15g
  • ・パセリ(みじん切り)少々

作り方

  • サーモンの両面に塩、こしょうを振り10分おき、小麦粉を全体にまぶす。
  • フライパンにオリーブ油を中火で熱し、のサーモンを両面こんがり焼く。
  • 耐熱容器になめこと、を入れ600wのレンジで40秒加熱する。
  • ボウルにビフィズス菌入りヨーグルト、Bの煮汁を入れよく混ぜる。
  • 皿にのサーモンを盛りのソースをかけ、のなめことパセリを散らす。 ベビーリーフとミニトマトを添える。

監修:
石原新菜(イシハラクリニック 副院長)

プロフィール: 1980年長崎県生まれ。小学校は2年生までスイスで過ごし、その後、高校卒業まで静岡県伊東市で育つ。 2000年4月帝京大学医学部に入学。2006年3月卒業、同大学病院で2年間の研修医を経て、現在父、石原結實のクリニックで主に漢方医学、自然療法、食事療法により、種々の病気の治療にあたっている。クリニックでの診察の他、わかりやすい医学解説と、親しみやすい人柄で、講演、テレビ、ラジオ、執筆活動と幅広く活躍中。日本内科学会会員。日本東洋医学会会員。日本温泉気候物理医学会会員。二児の母。

レシピ開発・監修:若宮寿子(栄養士)

山脇学園女子短期大学食物科卒業。栄養士、日本栄養士会認定食物アレルギー栄養士、米国(NSF)HACCP コーディネーター、日本フードコーディネーター協会委員。雑誌「赤すぐ」「妊すぐ」にて6年間妊婦食、離乳食を連載。大手企業にて社員への栄養指導、さらには給食の栄養管理を行い、栄養改善における功績が評価され、東京都知事賞を受賞。95年より若宮ヘルシークッキングスタジオを主宰し、ヘルシー料理教室を通じ食生活の大切さを伝えている。

その他の記事を読む

ヨーグルトは「ビフィズス菌入り」を選ぼう

ヨーグルトは「ビフィズス菌入り」を選ぼう

森田 英利

日本人の大腸内に多くすんでいるビフィズス菌ですが、最初からビフィズス菌を持った状態で生まれてくるわけではありません。無菌状態の胎内で育った赤ちゃんは

「水溶性食物繊維」を摂ろう

「水溶性食物繊維」を摂ろう

松井 輝明

食物繊維とは、人の消化酵素では消化・吸収されない食物中の難消化成分の総称です。以前は人体にとって不要なものと考えられていましたが、現在は研究が進み「第6の栄養素」と言われるほどその有用性が見直されています。

はじめよう「シンバイオティクス」

はじめよう「シンバイオティクス」

松井 輝明

大腸劣化を予防・対策する上で肝心なのが、毎日の食事内容です。何を食べるか、何と組み合わせるのかによって大腸にすむ善玉菌のすみやすさが左右され、全身に与える影響も変わってくるからです。

「巣ごもり便秘」も解消!コンビニ食材を活用!すっきり大腸ケアレシピ

「巣ごもり便秘」も解消!コンビニ食材を活用!すっきり大腸ケアレシピ

腸内環境は生活習慣やストレスの影響によって大きく変化します。外出を控え家で過ごす「巣ごもり」時間が圧倒的に増えた現在は、腸内環境が乱れやすく、いつも以上に便秘の予防を意識したいところです。

「巣ごもり便秘」対策の呼吸&運動法

「巣ごもり便秘」対策の呼吸&運動法

自宅で過ごす「巣ごもり」時間が増えていることで、ストレスがたまったり、生活のリズムが乱れたりしがちです。運動不足を感じている人も多いのではないでしょうか。

自分に合ったヨーグルトの選び方

自分に合ったヨーグルトの選び方

大腸劣化対策に役立つビフィズス菌などの善玉菌を手軽に摂取できるヨーグルト。しかし、普段ヨーグルトを食べている人のおよそ6割以上が「味」や「価格」で選んでいることが調査で明らかになっています。

免疫力アップに重要な、強い“IgA”を作る方法

免疫力アップに重要な、
強い“IgA”を作る方法

2020年、私たちの生活環境は大きく変化しました。中でもウイルス対策への意識は高まる一方ですが、さまざまな細菌や感染症から体を守るために注目すべきなのが「粘膜の免疫」です。

ビフィズス菌は日本人の長寿の秘訣?

ビフィズス菌は日本人の長寿の秘訣?

森田 英利

世界保健機関(WHO)が発表した統計によると、男女の平均寿命のランキング1位はなんと日本で84.2歳。2018年時点で、日本は世界一長生きの国になっています。さらに2020年には100 歳以上の長寿者が過去最多の8万450人となり、50年連続で増加傾向にあります。