巣ごもり腸活

#StayHome #おうちにいよう
「巣ごもり便秘」対策の
呼吸&運動法

フルバージョン

【23分14秒】

自宅で過ごす「巣ごもり」時間が増えていることで、ストレスがたまったり、生活のリズムが乱れたりしがちです。運動不足を感じている人も多いのではないでしょうか。運動不足は「腸」の動きを鈍らせるため、これまではお通じに何ら問題がなかった人でも、便秘になる恐れがあります。便秘になると胃腸の位置が上がり、横隔膜を十分に動かせません。深い呼吸ができなくなって、自律神経の乱れを招くなど、全身の不調に繋がる可能性が高いのです。

「巣ごもり」を原因とする便秘「巣ごもり便秘」を解消するために、自宅で簡単にできる呼吸法と運動法をご紹介します。ポイントは、「横隔膜」と「腸腰筋」を意識して行うことです。実践していくうちに腸の位置が整って、腸の蠕動運動が活発になるので、老廃物の排出と同時にビフィズス菌など善玉菌も増加。腸内環境が整ってきます。

深呼吸は「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌量も増やすので、気持ちも安定してくるはずです。

呼吸法

【6分4秒】

運動法

【15分17秒】

主な呼吸・運動法解説

リアルブレス
リアルブレス

リアルな肺の動きを意識する呼吸法です。手を「横隔膜」に見立て、吸いながら肺が大きくなるイメージと共に手をゆっくり下に降ろし、吐きながら手を上げて元の位置へ戻すを繰り返します。呼吸と身体の連動を感じ、深い呼吸へ導きます。

カパラバティ
カパラバティ

「腹筋」を意識して吐く呼吸法です。両手をお腹に置いて、肩が上がらないように息をしっかり鼻から吐くことを意識し、「腹筋」を使って、10-20回程度を2セット行います。

ハッピーハンモック呼吸法
ハッピーハンモック呼吸法

ハンモックに揺られているようなリラックスに導く呼吸法です。後頭部で手を組み、そこに頭を預けて開いた胸に大きく呼吸を入れます。肩の力を抜き、リラックスしながら行います。

おつまみリリース
おつまみリリース

内臓の癒着を剥がしてあげる運動法です。脇腹をつまんで、上下、左右に回す、ゆらすように行います。「内臓」の動きを良くするように体側、腰回りもしっかりリリースします。

ねじりと腹筋
ねじりと腹筋

腹筋にアプローチする運動法です。吸う息で背筋を伸ばし吐く息で上体を倒し、「お腹がねじれているか」を意識します。腹筋トレーニングでは、両脚を上げることで下腹部を使い、更にくるぶしタッチで腹部全体を刺激します。

股関節回し&アンジャネアーサナ
股関節回し&アンジャネアーサナ

股関節周辺にアプローチする運動法です。テーブルポジションで、片脚ずつ脚の付け根から大きく回します。上体を前に傾ける、手を上に伸ばしながらねじるなど、「腸腰筋」や「股関節」の伸びを感じながら行います。

門のポーズ
門のポーズ

忘れがちな脇腹を伸ばし、腹部(内臓)の調子を整える運動法です。膝立ちで片脚を真横に伸ばし、息を吸いながら両手を上げ、吐きながら上体を真横に倒します。5呼吸「脇腹」に呼吸を送るイメージでキープします。

立位での運動
立位での運動

立位で片方の脚を上げて膝を持って「お腹」を意識してバランスをキープ。両手を離し、脚の付け根から上げ下げを10回程度行う運動法です。「腸腰筋」を意識しながら行います。

腸のマッサージ&ガス抜きのポーズ
腸のマッサージ&ガス抜きのポーズ

仰向けになって、脚をひし形にし「腸腰筋」を緩めていきます。腸の巡りを良くするために両方の手の平で「お腹をマッサージ」していきます。さらに伸びが欲しい場合は両手を上に上げて腹式呼吸を行って、「呼吸でもマッサージ」を行います。

腸腰筋…歩行時、脚を上げる時に使用する、脚の付け根の筋肉

プログラム開発:沖知子
(インド政府公認資格 プロフェッショナルヨガ講師)

プロフィール: モットーは「健康第一、一生笑顔」。ヨガ歴13年。呼吸と同じ動きを連動させたフローヨガをメインにインストラクターとして活動。2016年にMissWORLD JAPANファイナリストに選抜され、初代「ミス・ヨガ」を受賞。2017年から株式会社ブレストラン、代表取締役を務め、企業に向けた「心の健康」をサポートする新サービスとして展開スタート。

健康の大切さを伝えるために、日本の地上波では初のヨガ番組「GINZA YOGA」の監修と出演を担うなど多岐にわたり活躍中。

その他の記事を読む

マスク不足は大腸で対策!?大腸を整えて「免疫力」を高めよう。

「免疫力を高めるなら、大腸から」のわけ

松井 輝明

私たちの体には「免疫」という防御システムがあり、有害なウイルスや毒素が体に侵入してきても病気にならないよう撃退する力が備わっています。

「巣ごもり便秘」になっていませんか?今、気をつけるべき「便秘」とその理由

「巣ごもり便秘」になっていませんか?今、気をつけるべき「便秘」とその理由

松井 輝明

ほんの10年ほど前まで、「便秘」は病気とは考えられていませんでした。生死に直接関わらないため長らく軽視され続けていたのですが、2017年に日本で初めて「慢性便秘症診療ガイドライン」が発表され、便秘の定義や種類がようやく明確になったのです。

「巣ごもり便秘」も解消!コンビニ食材を活用!すっきり大腸ケアレシピ

「巣ごもり便秘」も解消!コンビニ食材を活用!すっきり大腸ケアレシピ

腸内環境は生活習慣やストレスの影響によって大きく変化します。外出を控え家で過ごす「巣ごもり」時間が圧倒的に増えた現在は、腸内環境が乱れやすく、いつも以上に便秘の予防を意識したいところです。